今はお家でゆっくりと、いつかの旅のご参考に。

ジョブホップからプロジェクトホップへ。本当の意味で「旅するように働く」Afterコロナ時代の働き方について?

ジョブホップからプロジェクトホップへ。本当の意味で「旅するように働く」Afterコロナ時代の働き方について?

こんにちは、アドレスホッパーのTomoki?です。

すっかり自粛ムードですが、いかがお過ごしでしょうか?

 

この状況を少しでもポジティブに考えて、これからの変化に柔軟に対応し、未来を生き抜く術について今一度考えていく必要があるのかなあと思い、今回はぼくが思うAfterコロナの働き方について綴っていきます。

 

もちろん、状況は日進月歩で変化しているし、それに応じてぼくの考えも変化していくことは明白なので、あくまで暫定的な一個人の見解として御一読くださいね。

 

結論

これからは一つの組織に「帰属する」という概念がなくなり、会社単位ではなく、自分の生き方に合わせてプロジェクトを転々としたり複数掛け持ちするような働き方がスタンダードになるのではないか。

 

今まで

従来の働き方はというと、「会社」というひとつの組織に所属しているか、フリーランスであれば会社から仕事を外注されて請け負う形。

社内と社外の線引きが明確であり、社内で新規プロジェクトが発起されたら、内製か外注というどちらかの選択が一般的ですよね。

 

まずは社内のリソースでなんとかできるかを考え、厳しそうなら外部から人を雇用しよう、それでも見つからなければ外注しようという具合に。つまり、外にいた人材を内に囲い込むか、そのまま外で対応するかの2択。

 

そして「給料」という月額定額を払うことで社員の時間を使い放題という、言わばサブスクリプション方式だったわけですね。

 

これから

内と外、つまり社内と社外の境目が非常に曖昧になっていくのではないかと思っています。

 

どういうことかというと、何か新規プロジェクトを始める際に、社内のリソースでどうにかしようとか、人材を雇用しようとかではなく、あくまでプロジェクト単位で外部リソースにジョインしてもらう。つまり、外の人に、内に入ってもらう。

 

アイデアを発起した内部のコアメンバーと外部が、一定期間協力してプロジェクトを遂行していくという形ですね。

そこには「採用「雇用」「外注」「内製化」「入社」「転職」「退職」といった考え方はなく、シンプルにプロジェクト単位でチームを組む。

 

イメージ的には、テレビ番組の制作チームや、映画スタジオなどがそれに近いかもしれません。

例えば、「ミレニアル世代向けのドラマを作る」というプロジェクトを立ち上げ、それに必要なスタッフとキャストを外部からアサインしていく。そこに携わっている人たちは、決して全員がテレビ局の社員ではなく、制作会社、デザイン事務所、プロダクション、フリーランスなど、背景はバラバラ。

 

あくまでそこに共通しているのは、

  • プロジェクトが創り出す未来に共感している
  • プロジェクト実現に必要な専門スキルを持ち合わせている

この2つです。

 

こんな具合に、オファーされた人たちは、プロジェクトに共感したらジョインし、終わったら解散する。

会社単位で転職を繰り返すことを「ジョブホップ」といいますが、プロジェクトをホップしていく時代。まさに一期一会、旅するような働き方ですね。

 

ここでお伝えしておきたいのが、決して「会社という組織そのものがなくなる」ということが言いたいわけではなく、組織はあくまでコアメンバーとして存在し、次々にアイデアを生み出しては必要な外部リソースを内に巻き込んでいく、少数のプロジェクトマネージャー集団。

 

コアメンバーは自分たちが描く未来をビジョンに掲げ、人がワクワクするようなアイデアと、自主性を重んじるオープンなカルチャーを創り上げることが重要となります。

 

従来の、会社に通って時間を切り売りすることでお金をもらう、という考え方は終わり、同様に会社側も月額定額で社員の時間を使い放題、という考え方は徐々になくなっていくのではないでしょうか。

 

自分の生き方に合わせて、仕事(プロジェクト)に参加し、共感と信頼ベースで人と人が有機的に繋がり、ひとつのプロジェクトを創り上げていく。そんな働き方がスタンダードな時代になっていくと思っています。

 

Advertisement

 

自分の価値を明確に

ひとつの会社名と部署だけ書いてある名刺という慣習もなくなり、肩書きも時期によってどんどん変わっていくのではないかと。

 

例)WEBデザイナー / 株式会社〇〇 コミュニティマネージャー / 〇〇プロジェクト 代表 / 〇〇マガジン 編集長

みたいな感じで。笑

 

自分が何ができる人なのか?今何をやっていているのか?を人が見てパッとわかるようにしておくのが必要になりますね。

 

「ぼくは営業ができます」だけではダメ。

単に「営業ができる」という表現だけでは、相手(=依頼する側)の思う「営業ができる」に変換して解釈されてしまうので、ジョインした後にミスマッチが起きます。

例えば、法人営業ができるという意味でジョインしてみたら、実は求められていたスキルはCtoCサービスのコミュニティをマネジメントする役割かもしれない。

 

「ぼくは200万円までのSaaS系商材なら法人向けに月2本は新規受注をとることができます。」ぐらい明確な方が依頼する側にとっても親切ですね。

短期的なプロジェクトでチームになるということは、リソースの最適配置やカルチャーフィットが極めて重要です。依頼する側もされる側も、ミスマッチのないよう今まで以上に相手の立場に立った働き方が求められてくる、ということなのかもしれません。

 

オンライン上でプロジェクトが発足し、そのまま一度も会わずしてプロジェクトが進んでいくと考えると、まずはオンライン上で自分の価値がハッキリと分かるように伝えることが大事ですね。

 

関連記事:物語と物語がマッチングする時代へ。Afterコロナ時代の働き方について。 #2

 

ぼくらが今やるべきこと

以下の3つを言語化しておくことです。

  1. 自分は何の専門家で、どんなバリューが発揮できるのか?
  2. 自分は何がしたいのか・どんなジャンルに興味があるか?
  3. どういう人と働きたいか・働きたくないか?

 

特に3つ目、重要ですね。

 

前述した通り、組織へ帰属するという概念がなくなり、自分の専門性を活かして、やりたいプロジェクトを選ぶ時代です。お金を貰うためなら、ある程度の職場の人付き合いは我慢する、などといったこともないです。

 

自分がどういう人たちと、どういう風に生きていきたいか、をしっかりと言語化しておくことが重要ですね。

外出自粛の今、改めて自分を知り直す時間をとってみるのはどうでしょうか。

 

まとめ

  • ひとつ組織への帰属という概念がなくなり複数のプロジェクトをホップする時代
  • 自分は何ができる人なのか?をオンライン上で明確に伝える必要がある
  • 自分が誰と働きたいか?どう生きたいか?をしっかり認識しておく

 

はい、以上です!

ちょっと真面目なテーマでしたが、今回もお読みいただき、ありがとうございました。

 

この記事が面白かったら、ぜひシェアしてもらえると嬉しいです。

 

仕事カテゴリの最新記事