今はお家でゆっくりと、いつかの旅のご参考に。

旅するように、家で過ごそう。5月毎日開催のオンライン旅イベント「REMOTE TRAVEL(リモートトラベル)」

旅するように、家で過ごそう。5月毎日開催のオンライン旅イベント「REMOTE TRAVEL(リモートトラベル)」

こんにちは。アドレスホッパーのTomoki です。

この記事でお伝えしたいこと

ぼくが企画メンバーとして携わっているオンライン旅イベント「REMOTE TRAVEL(リモートトラベル)」と、その運営元の旅コミュニティ「Soft. Guest house」についてご紹介します。家に居ながら旅ができるイベントを5月中、毎日開催しています。ぜひふらっと遊びにきてください。

関連記事?:声だけで世界中に友達ができるラジオアプリ「Spoon(スプーン)」について

関連記事?:日本にいながら400円で留学体験ができる国際交流カフェ「English Only Cafe」とは?

関連記事?:【英会話編】1年やってみて感じたアドレスホッパーの本当のメリット?

関連記事?:【実体験より】政治・宗教だけではない、海外の人と話す際に絶対に避けるべき6つのタブー

関連記事?:まるでゲストハウス?声で世界と繋がるアプリ「Dabel(ダベル)」とは?

関連記事?:【散文】人と話さない旅なんて旅じゃねえ!オンライン旅イベントを運営して感じた、旅で得られる幸福感(セレンディピティ)の正体

Advertisement

読んでほしい人

  • おうちにいすぎて、「旅したい欲」が高まっている人
  • コロナがおさまった後にどこか旅に出たい人
  • バックパッカーをやっていた/やりたい人
  • オンラインで日本全国を旅してみたい人
  • 色々なゲストハウスを巡ってみたい人

 

REMOTE TRAVELとは?

5月中、毎日開催している「お家にいながら旅体験ができる」オンラインイベントです。

WEBサイト(Facebookページ):https://www.facebook.com/events/188382805493667/

 

こんな感じで、全国にあるゲストハウスやホステルをオンラインで毎日訪れることができます。

5月に訪れる全国ゲストハウスやホステルがGoogle Mapでシェアされます

 

 

企画の趣旨と、はじめた理由

コンセプトはズバリ「旅するように、家で過ごそう」。

 

今、コロナウイルスの影響で外出自粛期間が長引き、旅したい欲が高まっている、という声をよく耳にします。

そんな中、コニュニティのメンバーで、お家で旅体験ができないだろうか?そして場所の移動ができない今、オンラインで旅を再現するに当たって「旅」という体験に人が求める本質的な価値は何なのか?と話し合いました。

 

そこで出したひとつの答えが、旅で得られる一番の楽しさとは、旅先で知り合った偶発的な出会い(セレンディピティ)や、宿で知り合った旅人やスタッフと何気なくお互いの話(物語)を共有し合うこと。

 

一言で言えば、「ゲストハウスのラウンジ」をオンラインでどう再現するか?ということでした。

ゲストハウスのラウンジの雰囲気とは、とにかく自由が尊重される場であり、多種多様な人(国、人種、性別、年齢、宗教など関係なく)とゆるくコミュニケーションが取れる場。

無言OK、作業しながら聞き流しもOK、無言入室・退出OK、話したければ何時まででも居てOK。

 

こんな具合にとにかく居たい人だけが自由に居られる「有機的な場」であること。

 

こんな感じで多種多様な人がゆるりとあつまる場

 

そこで、今回のREMOTE TRAVEL(リモートトラベル)を企画することにしました。

具体的には、全国のゲストハウスのオーナーやスタッフ、また、旅という文脈で多方面で活躍する方々を日替わりでお招きしておしゃべりする、という内容です。

 

お家で旅するという仮想旅体験をしていただき、コロナがおさまった後に行く旅先を決めるきっかけになったら嬉しいなと思っています。

 

旅先は毎日かわります

旅先となる地域やゲストハウスは、毎回違います。

流れとしては、基本毎日20時~21時に開催していて、最初の40分でその日のゲストさんにファシリテーター(企画メンバー)がインタビューします。

ゲストハウスを始めた経緯や、オーナーさん自身のこれまでの旅の経験、宿の取り組み、またその街の魅力やおすすめスポットなどなど。

まずは乾杯から。この日は鎌倉にあるHostel Yuigahama

 

Google Earthを画面共有しながら、宿の近くの街中をガイドしてくれたり、ゲストハウスをリアルタイムでバーチャル内覧したりすることもできます。

Google Earthで鎌倉の御成通りを散歩

 

その後にZoomの画面が数人のグループに割り振られて、まったりと交流会の時間があります。

イベント自体は21時までですが、そこはゲストハウスのラウンジなので盛り上がると23時ぐらいまで続くこともよくあります。笑(もちろんいつでも退出OK)

 

参加方法について

参加費:無料

日時:2020年 5月 1日~5月31日まで毎日? ※途中参加・途中退場もOK

参加方法:このページから、参加したい日のFacebookリンクをクリックします(以下画像参照)。zoomの参加用URLがイベントページに直前に貼られますので、そちらをクリックしてご参加ください。

 

運営元コミュニティ「Soft. Guest house」について

 

Soft. Guest house(ソフトゲストハウス)とは、主催の大塚誠也さんによる?ハード(建物)を持たない概念だけのゲストハウスです。

詳細(外部リンク): 世界初!? ソフト型ゲストハウス「Soft. Guesthouse」 開業!

 

ハード(建物)を持たない理由として、ゲストハウスとは寝泊まりするだけの施設ではなく、新しいものに触れ、新しいものを作り、そして繋がる場であると考えています。その要素(ソフト)を切り出して色々なゲストハウスに入っていき、「冒険や創造」のきっかけづくりをコンセプトに、イベントを開催したり様々なプロジェクトを進めています。

今回のREMOTE TRAVEL(リモートトラベル)の他にも、日本にいながら留学体験できる「ゲストハウス留学」や、実際のゲストハウスにてイベントを企画するなど、多方面に渡って場づくりを行っているコミュニティです。

Advertisement

 

最後に

前述もしましたが、このREMOTE TRAVEL はとにかく自由な場です。

「イベント」というよりかは、「ラウンジに人が集まってるから寄ってみようかな」という感覚で、ふらっと遊びにきてもらえると嬉しいです。

旅に出られない今、ぜひお家で旅体験を味わってもらえたら嬉しいです!

今回もお読みいただき、ありがとうございました。

 

関連記事?:声だけで世界中に友達ができるラジオアプリ「Spoon(スプーン)」について

関連記事?:日本にいながら400円で留学体験ができる国際交流カフェ「English Only Cafe」とは?

関連記事?:【英会話編】1年やってみて感じたアドレスホッパーの本当のメリット?

関連記事?:【実体験より】政治・宗教だけではない、海外の人と話す際に絶対に避けるべき6つのタブー

関連記事?:まるでゲストハウス?声で世界と繋がるアプリ「Dabel(ダベル)」とは?

関連記事?:【散文】人と話さない旅なんて旅じゃねえ!オンライン旅イベントを運営して感じた、旅で得られる幸福感(セレンディピティ)の正体

オンラインサービスカテゴリの最新記事